けまんそうの花言葉

けまんそうの花言葉は従順 Obedience。

花言葉の由来は、灰緑色の葉がついた細長い茎の先に鈴なりの小花がお行儀よく並んでいるから。

羽状複葉の灰緑の葉はとても美しく、赤い花が心臓のような形をしているからかけまんそうはその英名をBleeding Heart(ブリーディング・ハート 血の色をした心臓)ともよばれています。

けまんそうを漢字にすると華鬘、これは寺院などの仏堂をデコレートする装飾具のことで、英語圏同様その形から花に名前がつけられたのだと思います。

とっても清楚なイメージを醸すけまんそう、見ようによってはさぞやおいしい味がするような印象も・・・・。

でもご用心、けまんそうはアルカロイドを含む毒花。

石っこ賢さんのお話に出てくるウサギのホモイが大好きだったすずらん同様に食べてしまったら大変なことになってしまいます。